季節の上生菓子

6月の「季節の上生菓子」を販売しております。

初夏の花を、美しい上生菓子で表現しました。

 

「石竹 せきちく」

平安時代に中国から渡来した花で、別名「唐撫子(カラナデシコ)」ともいいます。

葉が竹の葉に似ていて、岩場で咲く事から「石竹」という名前が付けられたという説があります。

練り切りの中身はこし餡です。

 

「鉄仙 てっせん」

室町時代の頃に中国から渡来した花で、別名「クレマチス」ともいいます。

鉄仙のつるは、鉄でできているかのように強いことで知られています。

練り切りの中身は白あんです。

 

「紫陽花」

雨露がきらきらと輝く梅雨の紫陽花を、

淡い水色や紫のそぼろで表現しました。

きんとんの中身は粒餡です。

 

職人が一つ一つ手作りで作り上げる四季折々の京菓子。
日本の移ろいゆく季節を目で、口でお楽しみください。

========================
季節の上生菓子
各1個 400円+税
販売時期:6月末頃まで

========================

遠方にお住まいの方への贈りものに、ギフト箱に入れたご発送も承ります。
店頭にて、店員にお気軽にお声がけください。

遠方からのご注文はネット通販をご利用ください。
https://www.mizuha.co.jp/c/01/jyonama/365

ご来店を心よりお待ち致しております。

次の記事

みずは北川の「父の日」